×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



紅美鈴


100416



社交は戦いである

戦いは勝たなければならない

戦いには戦士と剣が必要である


なのに


瀟洒な従者は瀟洒なだけでおぼこいもいーとこだった

衣装といえば寝巻きとどてらしかもっていない魔女など論外であった

そもそも大将からしてノーブルではあるがあまりにもお子様であった

その妹は社交とゆーものを理解していなかった


そんな紅魔館のスツーカにしてウルティマ・ラティオ

それが“紅美鈴”である


「咲夜さん、およばれの場に仕事着はやめてください」

「う … 」

「フラン様、グングニルは置いてきましょうね」

「なんでぇ ? 」

「なんででもですっ ! 」

「ぶ〜 」

「パチェさんと小悪魔さんは、できるだけ気配消しててください」

「 … 」

「 … 」

「で … レミリア様っ」

「え ? あ、はい」

「そんな落ち着きなく翼をパタパタさせてないで、もっと偉そうにするっ ! 」

「だって、美鈴 〜 」





full size


081003

夜番明け

朝露の降りた庭で部屋に飾る花を摘む美鈴

花鳥風月を愛でる妖怪も少なくはないが …

まぁ、わりと妙な奴ではある






080902  明治十七年の上海アリス

外灘あたりでブイブイいわせてたらしい

まだほんの小娘で、髪型も衣装も今とは違う

人間の体術に興味を持ち出したのもこの時代


炒飯を作ってるとこだ




080401




080227

#3




080206  小春日和




070625  演




070202

#2 080421




061120

080330 #2




061111  華僑娘々 昼休み

紅魔の館の門を衛る者、真の休憩時間ないネ。
メーリン、牛乳チビチビ堪能しながらオモテ見張てたヨ。

ふと振り向いたら、
コペパン消えてるではナイカっ!
アイヤーっ!
マっ、マガリンもないアルヨっ!

*

「あっ、おかえりなさい。どこ行ってたんですか?」
「ちょっと〜、ブラブラ〜」
「はぁ…おひるとってありますよ。味噌汁あっためますね」
「いい〜、食べてきた〜」
「はぁ…」
「寝る〜」
「はぁ…」